カテゴリー
アデランス

アデランスの価格はどうなってる?

アデランスで増毛をした人の体験談を調べてみると、
およそ50万円から200万円くらいの価格が多いようです。

一度に払えればいいのですが、
ローンを組んだり、ボーナスをあてにしたり、
ヘソクリをはたいたり・・・
安くない価格ですから、多くの方が増毛のために大金を使っています。

オーダーメイドのカツラを作る際の金額は、
メーカーによってかなり金額が変わってきます。

人工毛か人毛か
毛の量
面積
ピン止めタイプや両面テープなど止め方の違い

など、カツラの種類にや作りによって、
価格はかなり違います。

また、せっかくカツラを作っても、
ご自分の髪の量や面積が変化して
作り直さなくてはフィットしなくなることもありますし、
カツラの土台であるネット部分が破れたりすることもありますし、
破損してしまうこともあります。

急な出費を心配せずに、自分にぴったりのカツラが作れる。

それが、アデランスのヘアクラブ。

アデランスの定額制増毛コースであるヘアクラブは、
入会金不要
メンテナンス、交換も無料で
ホンモノ志向のオーダーメイドでカツラを作ることができる
ヘアクラブ。

価格は月々14,800円から。
2年目、3年目の継続割引もあり、さらにお得に。

アデランスの値段の本音

カツラの代名詞ともなっている「アデランス」。

アデランスでカツラを作るとどれくらいの値段になるのでしょうか。

アデランスでは、既製品のかつらを販売していません。

すべて、お客様の頭の状態に合わせたオーダーメイド。
好みの髪型
増やしたい場所
ボリューム
髪質
土台の種類
毛髪のタイプ
長期連続着用可能か手軽に取り外しできる方がいいのか
テープ式か編み込み式か

など、状態や好みによって大きく異なってきます。

ですから、人それぞれ値段が違ってくるのです。

月々14,800円からの定額制プランですと
初期費用ゼロで
メンテナンス費用もかかりません。

アデランスの金額って高いの?

アデランスの「ヘアクラブ」は、安心の定額制・交換無料。なのにオーダーメイドなので
ご自分にピッタリの商品を作ることが出来ます。

定期的なメンテナンスや劣化した際の交換代まで含まれていて、追加料金もかかりません。

入会金0円なので、初期費用を心配することなく始めることができ、入会前の無料試着で納得の上、入会できます。

また、スペアとして2枚用意できる「アデランス プレミアム クラブ」や徐々に毛量を増やすことができる段階式増毛法「FX-1」などのコースも用意されています。

アデランスの口コミってどう?

men-fukidashi.gif アデランスで高額のローンを組まされたとか、無理に購入を迫られた、などの口コミをネットで見ましたが、わたしの時には、売り込みもなく、丁寧な説明をいただきました。

men-fukidashi.gifもう生えてこないんじゃないかと心配して行ったアデランスでしたが、無料のヘアチェックで頭皮を調べてもらったら、まだ、毛穴は死んでなかったみたい。適切なケアでまで生えてくる可能性も十分あると言われてホッとしました。

men-fukidashi.gif発毛サポート「ヘアリプロ」の無料体験に行ってきました。体験前に見せてもらった頭皮の拡大写真は毛穴が汚れて詰まっていましたが、体験後にはすっかりとキレイになっていました。

men-fukidashi.gif脂性だと思い込んでいたのですが、自分の頭皮が乾燥気味であることを教えてもらいました。正しいシャンプーのコツも教えてもらったので、家でも実践しています。

アデランスの評判

30代 男性

そろそろ額の後退が気になり、自宅から近かったこともあって、気軽な気持ちで無料のヘアチェックへ。
髪と頭皮の状態をチェックしてもらったところ、毛穴にたっぷりたまった皮脂や汚れを指摘されました。

毎日きれいにシャンプーしているつもりだったのですが、ヘタなシャンプーも抜け毛の原因なんですね。

最初はドキドキしていたのですが、親切なスタッフさんの対応に安心して、髪に関する悩みを聞いてもらいました。親身になっていろんなアドバイスをいただいたので嬉しかったです。

40代 男性

父も薄毛だったので自分も覚悟はしていたのですが、実際に淋しくなっていく頭を見ているとやはり…。

サラリーマンですので高額なカツラにはなかなかと手が届きません。かといって安い既製品のカツラではバレバレですし。

CMでヘアクラブを知り、資料請求。家族からは「これなら」と意外にもあっさりと賛成してもらい、入会しました。

想像以上に自然足上がりで、月に一度のカットの際にも自然な見た目をキープできるように自分の髪をカットしてくれるので、会社でも全く気づかれていないようです。

年頃になった娘に喜ばれたのが、なによりもうれしいことでした。