カテゴリー
女性の髪

驚愕の事実!老けて見えるのは「薄毛より白髪」

老けて見られるより若く見られる方がそりゃウレシイ。
では何が老けて見える原因になっているかというと、
まず目に飛び込んでくる相手の肌・髪の毛・歯。
驚愕の事実!老けて見えるのは「薄毛より白髪」
たとえば「髪」。
黒髪に混じって白いものが1本、2本、混じっていると
「枯れた感じ」つまり老けた印象を相手に与えてしまうんです。
実際にファンケルが男女500人にとったアンケート結果では
男性の7割が女性の白髪に対して「年齢を感じる」と答えています。
薄毛と答えた人は3割ですから白髪ってよほど老けて見えるんですね。
ちなみに白髪はケアしても
一度白くなると黒髪には戻せません。
なぜなら、色を黒くしている「色素幹細胞」のDNAに
傷がついてしまうから。
そうなると複製不能になってしまうんです。
では何が原因なのかというと
単純に加齢ということではなく
「フリーラジカル(活性酸素)」や「ストレス」。
紫外線対策や生活習慣も影響しています。
いずれにしても白髪になってしまった髪は
染めるしか手だてはありません。
そこで白髪染めの登場です。
でも弱っている髪にかえってダメージを与えてしまう、
そんなことはないんでしょうか?

「リタッチで髪を救え!」

髪を染色する際には
薬剤でキューティクルを開かせる過程があります。
しかしその後に保護成分を入れる過程もありますから
髪のダメージは心配するほどではありません。
ただし。。。
繰り返し白髪染めを使っていると
どんなに高級な白髪染めでも髪にダメージが残るようになります。
そこでリタッチです。
1ヶ月に伸びる髪の長さは1センチ。
気になる根元・生え際だけヘアカラーを塗るという方法。
何回に1回はリタッチ、
そして何回に1回はヘアカラーを髪全体に使う。
こうしていれば髪のダメージは最小限にとどめることができます。
ダメージが減るということは、抜け毛も減るということなのでいいことづくめ。
白髪染めはうまく活用しましょう。