カテゴリー
女性の薄毛の原因

10代の薄毛

うす毛の女性が増えています。

最近では「10代で薄毛」でもまったく珍しくなくなってきました。

しかも、男性ではなく女性の薄毛です。

男性の薄毛は遺伝によるものが多いのですが女性は違います。

・過剰なヘアケア

・ダイエット、偏食

例えば食生活の乱れ。

毛根部の細胞はすごい勢いで分裂を繰り返しています。

一日で0.4mm伸びる髪の毛。

からだの中で毛根部ほど細胞分裂の激しい部位はありません。

それだけ激しい細胞分裂を繰り返しているのですから、

栄養分もそれ相応に必要。

しかしカロリーを極端に抑えた食事や、偏ったできあいのおかずばかり

食べていると当然毛根部にまで栄養が行き渡らない、

抜け毛は増えても新しく髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

その薄毛「若年性脱毛症」かもしれません

ダイエットや偏食などが原因でヘアサイクルがうまく機能しなくなる。

栄養が行き渡ってないので脱毛 → 薄毛。

・ヘアサイクルの途中で成長できなくなって抜け毛。

・毛根が細くなって細い髪の毛しか生えなくなる

・ひとつの毛穴から生える髪の毛の本数が少なくなる

10代の薄毛、「若年性脱毛症」の出来上がりです。

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質です。

健康な髪の毛には、良質のたんぱく質が必須なのです。

しかし極端な食事制限を繰り返していた場合、体の健康を維持するたんぱく質自体が不足。

あなたが摂った栄養は、生命維持に重要な心臓などの臓器から

順番に配られていくとイメージしてください。

全体的に不足しているのであれば、

優先順位が低い髪の毛にまでたんぱく質は行き渡りません。

ダイエットはリバウンドさせない為にも長期的な計画が必要。

「目先の美」に踊らされて、結果すべてを失ってしまうことになりかねません。

若くても、髪の毛だけでなくまつ毛や眉毛など

全体的に薄くなってしまって後悔している方は決して少なくないのです。

美髪をキープし続ける方法

「昆布やワカメが黒くてコシのある髪をつくる」。

これは迷信です。

ただし適量を食べる必要はあります。

では、抜け毛を減らして美髪にするにはどうすればいいか?

『髪にいい栄養素を摂る』

・良質のたんぱく質

・ビタミンA

・ビタミンB6

・ビタミンE

・ヨウ素、亜鉛

・ゲルマニウム

すべてをバランス良く摂ること。

そうすることによって、抜け毛が止まりスムーズな発毛が促されます。

ちなみにゲルマニウムはミネラルの一種です。

酸素を体内に取り込んで、代謝を上げる作用を持っています。

家庭の水道水では摂れませんのでミネラル水で補給するようにしてください。

カテゴリー
女性の薄毛対策

石けんシャンプーってどう?

「石けんシャンプーは洗い上がりが好きじゃない。」

髪の毛がゴワゴワ・ギシギシしてしまうからですね。

しかし石けんシャンプーは頭皮トラブルをアッサリと防いでくれる

頼れる存在なんです。

「合成界面活性剤」で髪の毛が溶けている?

市販のほとんどのシャンプーに含まれている「合成界面活性剤」。

泡立ちを良くするなどの働きがあるので、シャンプーや液体石けんなど

欠かせない存在なのです。

しかし合成界面活性剤はトラブルメーカー。

使ってすぐに問題が起こる、という訳ではありません。

でも使い続ければ確実に、あなたの「髪の毛」を溶かしてしまうのです。

いえ、髪の毛というより髪の毛の主成分である「たんぱく質」を溶かすんで

すね。

◆合成界面活性剤入りシャンプーを使い続けるとこんなことが起こります
・使えば使うほど髪の毛が細くなる

・切れ毛や枝毛が増える

・長年使い続ければ頭皮にも浸透、抜け毛の原因に。

でも石けんシャンプーなら、これらの心配がないのです。

石けんシャンプーで頭皮のトラブル知らず

石けんシャンプーは市販のシャンプーのように洗髪直後に

ツヤツヤ・ サラサラ

こんな洗い上がりを感じることはできません。

また合成界面活性剤入りのシャンプーより洗浄力が低いです。

ですから数回洗わなくてはいけない、というデメリットがあります。

しかし頭皮のトラブルを穏やかに解消してくれる。

つまり抜け毛を止めてくれるのです。

石けんシャンプーは慣れるまでが大変です。

ただし、石けんシャンプーをつける前に素洗いをする。

こんな工夫をすれば何回も洗髪をしなくてよくなってきます。

また、酸性のリンスを使うと洗い上がりのゴワゴワ感を防ぐこともできま

す。

好き好きにはなりますが、今、頭皮にトラブルが出ているのであれば

石けんシャンプーを使うことも一つの選択です。

※注意してください
「石けんシャンプー」とパッケージに書いてあるのに

合成界面活性剤が入っている商品があります。

指定成分表示を確認してからの購入をおすすめします。

石鹸シャンプーより優しい洗い上がり
馬油シャンプー ウーマシャンプー

>>>詳細ページはこちら     

カテゴリー
女性の薄毛対策

育毛シャンプーの選び方

「髪がツヤツヤに」
「髪にやさしいシャンプー」

最近、こんなうたい文句のシャンプーばかりが溢れています。

しかし、本来シャンプーの目的は髪ではなく頭皮を洗うこと。

正しいシャンプーのやり方、

そして良質な育毛シャンプーを使えば

あなたの髪の毛は健康でコシのある艶やかな美髪に戻るのです。

発毛を促すおすすめのシャンプー

弱酸性の香料や合成着色剤が使われていないシャンプーが一般的なおすすめ。

今現在、薄毛や抜け毛に悩んでいるのであれば

「カミツレ」

「オウバク」

これらの成分を含んでいるシャンプーが更に理想的です。

この2つの成分には消炎作用があります。

他にも

「ヒノキスチオール(抗菌作用)」

「ニンニクエキス(抗菌、殺菌、解毒作用」

こういった成分が入っているシャンプーを選んでもいいでしょう。

正常な抜け毛は約「70本」

個人差はありますが、正常な一日の抜け毛は約70本です。

もし大幅にこの抜け毛の本数を上回っている場合、

毛乳頭(もうにゅうとう)に炎症が起きている可能性があるのです。

毛乳頭というのはいわば「髪の毛をつくる工場」。

工場に何か問題があれば、「製品」がつくられなくなるのは当たり前です。

つまり炎症が起きていれば髪の毛がつくられなくなる。

抜け毛が増えていく、ということになります。

この炎症を抑えてくれるのが、先にお話した

消炎作用のある成分。

消炎作用があるシャンプーを使えば

炎症の進行が止まるばかりかかゆみも抑えてくれます。

だから爪を立てて頭皮を掻きむしってしまうこともなくなります。

頭皮が傷つけば余計に抜け毛が増えてしまうのは

想像に難くないでしょう。

育毛シャンプーは「選び方」と「使い方」で

抜け毛の増減が決まります。

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛のためのヘアケア

薄毛を促してしまうヘアケア。

美髪になりたくて一生懸命やっていたはずのヘアケアが

まさか「過度なヘアケア」だったなんて・・・。

髪が痩せる原因

・一日に2回以上、シャンプーする

・アイロンやドライヤーを長時間髪にあてる

・カラーリングやパーマを頻繁に行う

これらを続けていると髪の毛から脂質が抜けて水分保持ができなくなります。

結果、髪の毛が傷んで細くなってしまうのです。

また、洗髪時に爪を立てて洗うのもNG。

頭皮を傷つけてフケが増えてしまいます。

指の腹で髪の毛ではなく、頭皮をやさしく洗うこと。

ムースやシャンプー、トリートメントが頭皮に残らないように。

正しいブラッシングで頭皮の血行改善

洗髪やドライヤーのかけ方も大切ですが

ブラッシングも大切です。

ブラッシングは

・頭皮の血行を良くしてくれる

・髪の毛のホコリをとってくれる

これらの効果があります。

獣毛製のブラシや電動ブラシなどのアイテムは

髪にツヤを与えたり頭皮の血行を促してくれる働きがあります。

薄毛対策の一つとして

シャンプー以外のヘアケアにもこだわりを持つ。

あなたが思うより大きな育毛効果を生むかもしれません。

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛対策のための食べ物

日本人の薄毛人口は年々確実に増えています。

現在、男女合わせて薄毛患者さんは1,260万人。

年齢問わず増えているのが特徴です。

ではなぜ、薄毛人口が増えているのかというと、

最大の原因は「欧米化した食事」。

薄毛対策に食べ物の見直しが挙げられるのは正解なのです。

高カロリー食は哀しいかな美味。

しかし日本人に

「死病」や「薄毛」をもたらしてしまったのです。

「カギ」は頭皮環境

薄毛になってしまう最大の原因は「髪」にあるのではありません。

抜け毛の起こりやすい「頭皮環境」が問題なのです。

肉類やファーストフード、チョコレート、クッキーなど

脂を大量に使った食事はあなたの頭皮環境を変えてしまいます。

広がる皮脂腺。

大きくなってくる毛穴。

通常、毛穴からは数本の毛髪が生えています。

しかし、広がりきった毛穴には毛髪がしっかりと根を張ることができませ

ん。

土台がしっかりしていないので、

・栄養が取りづらく細い毛に。

・ちょっとした刺激で脱毛する。

変化しきってしまった日本の食生活。

だから年齢性別問わず、薄毛人口が増えているのです。

和食中心の生活に

野菜、魚、海藻類、豆類など。

頭皮環境を整えるには和食がもっとも適しています。

テレビで取り上げられた「髪」に効く食材だけを追い求めるのではなく、

バランスのとれた食材を和の味付けで頂く。

これが健康な髪の毛を取り戻す基本中の基本です。

例えば亜鉛。

過剰摂取は問題ですが現代人には不足しがちな髪に良い栄養素。

不足すると味覚障害に陥って、驚くような濃い味付けの食事でも

平気で食べるようになってしまいます。

髪に悪いという食品をすべてシャットアウトするのは

ストレスになるでしょう。

ですから少し自分を許してあげてたまにはファーストフードを食べてもいい

でしょう。

ただし、基本は和食中心の生活が

あなたの薄毛を改善します。

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛の改善

薄毛になってしまったと焦る必要はありません。

病気が原因の薄毛の場合は病院での治療が先決ですが、

生活習慣などが原因の薄毛は自宅である程度改善することができます。

抜け毛や薄毛を改善させるには、

・頭皮の血流を良くする

・バランス良く栄養を摂る

大きくこの2つです。

毛母細胞は、あなたが食べたものからあなたの髪の毛を作ります。

髪の毛に良い栄養素は

・たんぱく質
髪の材料になります

・ミネラル
銅や亜鉛

・ビタミン
血行促進効果があります

これらの栄養素の他にももちろん、バランス良く栄養素を摂るようにしてください。

外食が多い方やバランスを考えるのが少し面倒という方は

サプリメントで栄養補給するようにしてください。

食事は基本ですが、良質なサプリであればどんどん摂ることをおすすめします。

なぜなら、野菜や果物など食品そのものの栄養価は20年以上前から

どんどん落ちてきています。土地そのものの質が落ちていることなども大きな原因です。

足りないものは補給する。

薄毛を改善するのであれば、必要な栄養を積極的にとり入れることは必須です。

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛の防止には

薄毛を防止するには、髪の毛をつくる毛母細胞の働きを高めること。

これが最大の解決法です。

ではどうすれば毛母細胞の働きを良くすることができるのか?

いくつか方法はありますが、ここでは最大限に効果を発揮する方法を

お話しましょう。

頭皮の血行を改善する

「なんだ、そんなこと?」

こう思われた方いるかもしれません。

しかし本当の意味で頭皮の血行を改善できている方、

案外少ないのです。

では自宅でできる頭皮の血流を改善法、一緒に見ていきましょう。

◆「体質に合った」養毛剤を使う

市販の養毛剤の多くは頭皮の血流改善を目的につくられています。
あなたが使ってみて使用感がいいものを三ヶ月~半年は継続して使うようにしてください。

◆指の腹でやさしく「頭皮マッサージ」

顔の皮膚を乱暴にマッサージすると、毛細血管が切れるなどしてシミの原因になります。
また力を入れ過ぎると頭皮を傷つけてしまいます。頭皮も皮膚の一部です。
指の腹でやさしくマッサージするようにしましょう。

◆ストレスをためない生活

ストレスは血管収縮を促します。
アロマやハーブティー、大好きな海外ドラマを観るなど
何でも構いません。ストレスをためないようにすることが抜け毛を防止します。

血流が良くなり、そしてバランスの取れた食事をし、良質な睡眠をとっていれば育毛や発毛は不可能ではありません。

情報に流されないようにゆったりとした気持ちで育毛ケアを続けましょう。

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

脂漏(しろう)性脱毛症

毎日欠かさずシャンプーをしているのにフケが出る。

濃い色の服だと目立ってしまって仕事や勉強に集中できない。

それってもしかすると「脂漏性脱毛症」かもしれません。

脂漏性脱毛症って?

肌に天然の潤いを与えてくれる「皮脂」。

・殺菌効果

・刺激の緩和

・保湿効果

これらの重要な役割を持っています。

しかし頭皮の皮脂分泌が活発化すると毛根がアブラ漬けにされてしまいます。

結果、毛穴を皮脂がふさいでしまって雑菌が繁殖。

そして頭皮が炎症を起こしてしまうのです。

もちろん炎症だけでは終わりません。

・毛の成長に必要な栄養をため込む毛乳頭が栄養を受け取れない。

・酸素が毛根に行き渡らない

そして髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

脂漏性脱毛症かどうかチェックする

もしあなたが脂漏性脱毛症にかかっていたとします。

抜け落ちた髪の毛を手に取って毛根を見てください。

脂のカタマリのような白い付着物がついているはずです。

そしてそれがもやしの根っこみたいになっていれば脂漏性脱毛症を発症している

可能性が高いと言えます。

また頭皮の毛穴も赤くなっているのがすぐに分かりますし、

取っても取っても皮脂が大量に分泌されますから頭は常にベタベタしている状態

です。

では原因は何だろう?

脂漏性脱毛症自体、それほど発症率の高い症状ではありません。

脱毛症の患者さん全体の約1%に満たない数字となっています。

脂漏性脱毛症を発症してしまう年代は思春期の男女。

原因として考えられるのはホルモンの作用です。

引き金になるのはストレスや栄養バランスの崩れ。

明確にコレだ、と挙げられる原因はありません。

しかし、原因がハッキリしないからといって放置しておくと

脂漏性皮膚炎に確実に移行します。

※脂漏性皮膚炎の症状
・頭皮だけに収まらず、背中・脇・股・耳・顔に激しい痒みや炎症が起きる
・患部の皮がむける
・大量のフケ・皮脂が分泌される
・毛穴から黄色い脂のカタマリが出るようになる

脂漏性脱毛症の対策と治療

脂漏性脱毛症は頭皮の脂分を取り除くことが

「解決」にはなりません。

皮膚科を受診することはもちろんのこと、

・刺激の少ないシャンプーを使う

・ビタミンB群を多く摂る

・適度な運動

・刺激物を控える
(コーヒー、アルコール、辛いものなど)

これらを意識した生活を送ることが症状の改善に繋がります。

ちなみに脂漏性皮膚炎に移行してしまった場合、

「マラセチア属真菌」というカビが繁殖していることが多いのですが

そうではない方もいます。

皮膚科で改善されないケースもよくあるようですが

とにかく症状が出たら皮膚科を受診すること。

「診断」されてから対策を練るようにしましょう。

いずれにしても使用するシャンプーには最大限の注意を払いましょう。

滅多なものを使うと抜け毛を促進してしまうのですから。

【関連ページ】
皮脂を取り過ぎずに頭皮環境正常化
植物由来の【アミノ酸系洗浄成分】
>>>ウーマシャンプー

カテゴリー
女性の薄毛の原因

ドライヤーはハゲになる?

洗髪後、小雨に降られてしまった時など

髪を濡れたままにしていると頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。

つまり抜け毛が増えるリスクが増える、ということですね。

ですから髪はすぐにドライヤーで乾かさなくてはいけません。

しかしそのドライヤーから出る温風も脱毛を促す原因の一つ。

女性なのに「ハゲ」。

若い方でも年齢を重ねた方でもドライヤーの使い方を間違えれば

誰にでも起こり得る状態です。

ただし正しいドライヤーの使い方さえ実践していれば、心配することはあり

ません。

では薄毛にならないドライヤーの当て方を見ていきましょう。

髪にヤケドをさせないドライヤーの使い方

ドライヤーの吹き出し口。

ドライヤーを使った後、触れたことはありますか?

思わず手を引っ込めてしまうほど熱くなっています。

実はドライヤーの吹き出し口からは100℃以上の熱風が出ているのです。

「温風」とは表現できない温度ですね。

健康な髪の毛であれば12%程度の水分を保っています。

しかしドライヤーを使い過ぎるとその水分を奪ってしまうことに。

切れ毛や枝毛も歓迎できませんが、ひどいケースだと頭皮の角質をはが

してしまいます。

頭皮も「肌」の一部です。

角質が取れれば顔の皮膚と同じで肌トラブルが起こります。

小じわや大人ニキビなど乾燥肌がもたらすトラブルをあなたも経験したこと

はないですか?

頭皮にそのトラブルが起こった場合には、フケが出たり炎症を引き起こし

てしまい、結果抜け毛が増えてしまうのです。

だからドライヤーを使う際は必ず20センチ程度髪から離して

髪を乾かすようにしてください。

また、乾いてきた髪の毛にドライヤーの熱風をずっと当てていると

髪内部のたんぱく質さえも乾燥させてしまいます。

もちろん髪の毛の表面にあるキューティクルもダメージを受けます。

ですから、髪の毛を保護するローションなどをつけてブローしてあげると

ダメージを少なく抑えることができますよ。

できればマイナスイオンドライヤーを使ってみてください。

髪の毛の水分量をキープしながらブローすることができます。

ドライヤー、アイロン、コテ、カラーリング、パーマetc。

髪の毛は温度も何も感じないのでダイレクトにダメージを感じ取ることはで

きません。

しかし、薄毛という「結果」になってあなたの元に返ってきます。

若い女性にも薄毛が増えている現実。

ぜひ「ハゲ」を回避しましょう。

カテゴリー
女性の薄毛の原因

タバコと抜け毛

日本女性の6人に1人が喫煙者と言われる昨今。

『百害あって一利なし』

なのに止められないタバコ。

しかし喫煙は確実に抜け毛・薄毛を引き起こします。

タバコにはおよそ4,000種類の化学物質、200種類の有害物質、60種類の発ガン物質が含まれています。

薄毛どころか死に至る病気の発症率までも跳ね上がるタバコ。

ここでは抜け毛だけに絞ってお話を進めていきましょう。

なぜタバコで薄毛になってしまうのか

◆血管収縮
タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させます。
そのため血流低下と体温低下を招いてしまいます。

何が起きるかというと、髪の毛がつくられている毛母細胞に血液が届きづらくなり栄養分や酸素が送られなくなりますから健康な髪の毛が作られなくなる、つまり抜け毛が増えるのです。

◆自律神経や中枢神経を興奮させる
神経が興奮すると皮脂などの分泌が増加します。
このため、皮脂や汗が毛穴に詰まって雑菌が繁殖するなど抜け毛を促すことになってしまいます。

◆ビオチンの減少
ビオチンとはビタミンB群の中の水溶性のビタミンです。
ニコチンが体内に入るとこれを体外へ出すために、ビオチンが大量に消費されます。

結果、抜け毛や白髪を増やすことになってしまいます。

タバコが切れるとイライラするのは

脳から快楽物質であるドーパミンが分泌されなくなるからです。

つまり「中毒」なんですね。

では禁煙はなかなか難しいのでは、と落ち込むことはありません。

実はウォーキングをした際もドーパミンは分泌されます。

タバコと違って代謝が上がり、健康を手に入れることができますから

ウォーキングを取り入れつつ思い切ってタバコをガマンしてみましょう。

どんなに能力が高く仕事がうまくいっていたとしても

どんなに明るい性格の方でも

薄毛になると自信消失、外出さえしたくなくなるのだそうです。

薄毛になると老けて見えますし、

みんなの視線が自分の頭に集中しているような気もしてきます。

女性の「自信」と「見た目」は比例します。

ビタミンやミネラルなどきちんと摂りながら禁煙にチャレンジしましょう。