カテゴリー
女性の薄毛対策

女性用カツラの費用って?

一昔前は数十万円、モノによっては百万円以上していたカツラ。

もちろん今も高価なカツラはありますが、驚くほど安く高品質なカツラが販売されています。

数千円のかつらもある

通販で販売されているカツラ。

安いものであれば五千円しないものが目につきます。

ただしこういう安価なものはほとんどがオシャレ用。

しかし探せばフルオーダーメードで3万円程度のかつらもあります。

もちろん薄毛をカバーする目的であれば

部分用ウイッグで十分です。

カツラにかかる費用はもっと安くなるでしょう。

ただしカツラはメンテナンスが必要。

また大体3年毎に買い替えなくてはいけません。

「一回購入してそれで終わり」

・・・ではないことだけ心に留めておいてください。

カツラの費用はピンキリです。

広告費をカットして上質で手に入れやすい価格のカツラがありますから

じっくり選ぶようにしてくださいね^^

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛のヘアスタイル術

薄毛が気になってヘアスタイルを工夫する。

しかしボリュームがなくなっているので、やはりカンペキな仕上がりにはなりません。

それに・・・

「同い年の女性より老けて見られる」
「背後に人が来ると落ち着かない」
「話し相手の視線が自分の頭に集中しているような気がする」
「食事で席に着いた時、”てっぺんが薄めだな”と店員に思われたらどうしよう」
「雨に濡れたら地肌が透けて見える」
「子供の参観日でキレイに見られたい」
「同窓会で若く見られたい」
「友だちの結婚式に呼ばれている」

色々と考えなくてはいけないことが山積みだったりします。

差し迫っている「行事」がある場合、

育毛や発毛に励んでいたのでは恐らく間に合いません。

●手っとり早く確実にヘアスタイルをキメる方法
・つけ髪
・盛り髪グッズ
・ウイッグ

年齢を問わず、価格もピンキリで

薄毛を確実にカバーしてくれるお助けアイテムはいくつもあります。

つけ髪はモノによっては明らかに不自然に見えるので

それなりのものを購入する必要があるかもしれません。

若い世代に向けて販売されている「盛り髪」であれば、

工夫次第で上品に髪の毛をボリュームアップすることができます。

またウイッグは少々お値段は張りますが

2種類ほどレディス部分用かつらなど、併せて持っていれば応用も効きます。それに確実に薄毛をカバーしてくれます。

何より嬉しいのは、

付け髪、盛り髪、ウイッグでヘアスタイルのバリエーションが増え、

あなた自身が楽しめる、という点です^^

ストレスも薄毛を促す大きな原因。

薄毛隠しに必死になってストレス増大。

ホルモンバランスも崩れて肌トラブルまで起こしては元も子もありません。

ウイッグなどで楽しみながら発毛・育毛ケアを継続していれば

そのうち抜け毛も止まります。

あなたが美髪を取り戻す日はそう遠くないでしょう。

人間の体はそういう風にできているのですから^^

カテゴリー
女性の薄毛対策

増毛ってどう?

「日本の増毛術は世界一」と言われています。

増毛というのは人口の毛髪を自分の髪に結ぶ技術。

たとえば1本の髪の毛に数本の人口毛髪を結びつける。

たとえば何十本もの人口毛髪をつけた透明な糸を、

自分の髪の毛に結びつける。

あるいは髪の毛のないところにでも増毛できる技術さえあります。

育毛や発毛と決定的に違うのは、

確実に好きなだけ髪の毛を増やすことができる、という点です。

他には、

・かつらのような面倒なお手入れを必要としない

・植毛のようにメスも使わないし、感染症の心配も不要

・一気に増毛することも徐々に自然に増毛することもできる

・予算に合わせて増毛することができる

・結婚式などあなたの「特別な日」に合わせてその時だけ増毛できる

・頭皮の傷を隠したりするなど、部分的に増毛することができる

・かつらより自然

このようなメリットがあります。

もちろんいいことばかりではありません。

増毛直後は希望どおりの満足のいく仕上がり。

しかしあなたの髪の毛が伸びてくると結び目が移動します。

ですのでメンテナンスは必須。

もちろんその都度、費用はかかります。

また、あなたの髪の毛に負担がかかることは否定できません。

増毛スプレーはどう?

増毛スプレーなら数千円程度の出費で済み、

その上自宅で吹きかけるだけで「増毛」完了です。

スプレーにもよりますが、

・歯医者に行っても枕が汚れることはない

・ホテルの枕も汚れない

・無意識に手で触っても手が黒くなったりしない

・頭皮の毛穴に黒い粉がたまったりしない

・風呂場の排水溝が黒くなったりしない

・薄毛隠しができる

・「部分かつら」の代用にできる

・一時的な白髪染めに使える

・自然な仕上がりにできるスプレーもある

ただしシャンプーで(市販のものでOK)洗い流せばそれで終わりです。

「増毛サロンで施術を受ける」 vs 「増毛スプレーでしのぐ」

どちらを選択するかは、あなたの”予算”と”価値観”で決まります。

カテゴリー
女性の薄毛対策

発毛剤の副作用とは

発毛剤を使う際、もちろん効果も気になりますがもう一つ大切なことがあります。

「副作用」です。

主な発毛剤成分の副作用

◆ミノキシジル
・体毛が濃くなる
(女性でも鼻毛、指の毛、すね毛が濃くなります。)

・商品によっては頭皮にかゆみが出ることがある

・経口タイプのタブレットの場合、服用量を間違えるとめまいや動悸が出ることがある

ミノキシジル自体は安全な成分ですが、もともと高血圧の薬として開発されたものです。高血圧あるいは低血圧の方は使用しないようにしてください。

◆フィステナリド(プロペシア)
妊娠している方がフィステナリドを服用すると胎児に悪影響があります。
ですので、この成分は女性には禁忌です。

◆アデノシン
もともと人間の体内に存在する成分ですから、特に副作用はありません。
ただし個人によっては頭皮のかぶれが見られます。

◆塩化カルプロニウム(フロジン液)
発汗、頭皮の異常、吐き気など持病やアレルギー体質の方に見られる副作用です。

発毛剤に限らず、薬や化粧品などを使った時。

その時々の体調や体質などで副作用が出ることがあります。

薄毛を改善しようとして他に何かトラブルが出ては本末転倒です。

成分をよくチェックして発毛剤を使いましょう。

カテゴリー
女性の薄毛対策

発毛剤で薄毛が治る?

年齢関係なく女性に急増している薄毛。

もっとも多く見られるのは女性男性型脱毛症(FAGA)です。

男性のように局所だけでなく、全体的に薄くなるのが女性の薄毛の特徴。

光の加減によっては地肌が見えてしまうことも。

『髪は女の命』

このままではマズイ。

そこで試してみようかとまず考えるのが発毛剤や育毛剤です。

でも、発毛剤を塗ったくらいで髪が生えてくるのなら、

『かつらや増毛が存在する必要なんてないじゃないか!』

確かにあなたが考えるとおり。

実は発毛剤で髪が生えてくるのではないのです。

発毛剤にできること

発毛剤を買いました。

発毛剤を頭皮に塗布しました。

髪がフサフサ生えてきました。

・・・ではないのです。

発毛剤の本当の役目とは

薄くなった頭部に残っている「うぶ毛」を長く太く成長させること。

髪の毛一本一本が伸びて濃くなれば密度が増える。

つまり「髪が増えた(発毛した)」ように見えるのです。

ちなみに最先端の脱毛症外来でやっていることは

発毛剤や育毛剤の処方とヘアケアや生活習慣の指導です。

実際、毛根が無くなってしまった毛穴からは

どうやっても髪の毛は生えてきません。

そういった場合には植毛あるいはかつらを使うしか

選択肢は残されていないのです。

では最強の発毛剤は?

先にお話した女性に最も多いタイプの脱毛症「女性男性型脱毛症」。

男性ホルモンが毛母細胞のはたらきを抑制してしまうから起こります。

脱毛症外来でも使用されているミノキシジルという成分は

データ上、発毛効果が実証されています。

毛母細胞に働きかけ血行を促進してくれるのです。

女性男性型脱毛症(FAGA)の場合はミノキシジルが配合されている発毛

剤を使うといいでしょう。(最低6カ月の継続使用が必要です)

ただし、繰り返しお話しているとおり、脱毛の原因は一つではありません。

天然由来成分でできている発毛剤などいくつか種類があります。

自分の頭皮状態に合った発毛剤を使って様子を見ること。

化粧品ジプシーならぬ発毛剤ジプシーでは、いつまで経っても効果が

出ないということを忘れないでくださいね。

米国FDA(食品医薬品局)認可の有効成分ミノキシジル2%


>>>女性用ロゲイン 2%(女性用) 60ml 1本

カテゴリー
女性の薄毛対策

薄毛のための髪型

女性の場合、まず薄毛になるのは頭頂部です。

美容院に行って薄毛が目立たない髪型をオーダーする。

これも一つの解決法かもしれません。

薄毛が目立たない髪型というと

やはりショートカット。

しかしロングやセミロングに比べると髪型の応用が効かなくなります。

またショートにしてしまうのは抵抗がある人もいるでしょう。

しかしロングで髪を結んだりアップにすれば

薄毛が目立ちます。

また、毎日のように繰り返し縛たり同じ方向に向けて髪の毛を結ぶと

抜け毛が増えてしまいます。

「なぜ抜け毛が増えるのか?」  というと、

髪を結んで突っ張った状態になっている頭皮の血行は悪化します。

そうすると毛根へ栄養も酸素も運ばれなくなり髪の毛が弱り脱毛します。

また、新しい髪の毛も生えてきづらくなる。

老化を止めることはできないし、

ヘアケアや生活習慣を変えなければ抜け毛も止まらない。

ですから髪型を工夫することで薄毛をカバーするのは一時的な

対策でしかないのです。

育毛剤で本当に髪は生えてくる?

雑誌、テレビ、週刊誌、インターネット、新聞。

かなりの頻度で目にする育毛剤の広告。

「本当に髪の毛って生えてくる?」

「育毛剤に種類ってあるの?」

“いいこと”しか書いてない広告。

ちょっと疑ってしまうし、どれを選んでいいのか分かりません。

実は育毛剤って大きく4つのタイプに分けられます。

◆男性ホルモン抑制型
男性型脱毛(AGA)用の育毛剤です。
このタイプの育毛剤は、男性ホルモンを抑制してくれます。

◆血行促進型
抜け毛は頭皮が血行不良になるために起こります。
血行促進型の育毛剤の中にはミノキシジルという、皮膚科でも処方されている成分が配合されているものがあります。

◆皮脂除去型
過剰な皮脂分泌やフケは毛髪の成長を妨げる原因です。
ちなみにフケとは、皮脂に脂肪分が混ざったもの。
これらをスッキリ取り除いてくれるのがこのタイプの育毛剤です。

◆毛母細胞活性型
化粧品メーカーが作っているのがほとんどこのタイプ。
・毛母細胞に栄養補給
・細胞活性を促す
・新陳代謝を促す
これらの作用があり、発毛に必要なミネラルやアミノ酸も配合されているものが多い

「養毛剤や育毛剤は一種類のみ使っている。」

一般的にこういう人がほとんどだと思います。

ただし忘れてはならないのが、

抜け毛の原因は一つではない、ということ。

脱毛は様々な要因が重なり合って起こります。

一種類だけでは不十分なケースもあります。

しかし何でもいいから使いまくればいい、ということでもありません。

あなたの抜け毛の原因を見極めること。

その上であなたの頭皮に合った育毛剤あるいは養毛剤を選ぶことです。

そして注意点をもう一つ。

育毛剤は最低三ヶ月は継続して使わないと効果の有無は分かりません。

頭皮に合わない場合を除いて、継続使用は必須です。

カテゴリー
女性の薄毛対策

スカルプシャンプーの効果

スカルプとは「頭皮」のこと。

シャンプーは頭皮を洗うためのアイテムです。

頭皮環境が整っていて初めて健康な髪の毛がつくられます。

ですからスムーズな発毛や育毛を望むのであれば

効果のあるスカルプシャンプーを使うのがいいのです。

効果のあるスカルプシャンプー?

そもそも抜け毛が増えてしまう理由。

頭皮に垢(あか)や皮脂、皮脂に付着したホコリなどが毛穴を詰まらせる。

毛穴が詰まると髪の毛の成長を妨げる原因になってしまいます。

また皮脂がいつまでも頭皮に残っていると微生物が皮脂を分解。

刺激物質に変貌した皮脂は毛根に悪影響を与えます。

これらを一気にやさしく取り除いてくれるのがスカルプシャンプー。

通常のシャンプーでは取り切れない余計な皮脂を除去してくれます。

だからスカルプシャンプーで「髪が増えた」

こういう風に言っている人達がいるのです。

でも効果が出ない人もいます。

それはなぜか?

・睡眠不足
・偏食
・喫煙
・パーマ、カラーリングを繰り返してきた
・洗髪後すぐに髪を乾かさないので雑菌が増殖している
・ドライヤーやアイロンの使いすぎ etc

いろんな原因が絡まり会って抜け毛は増えているのです。

シャンプーだけを変えてもすぐに抜け毛は治まりません。

自分で抜け毛の原因になっていることを

少しづつでいいから取り除いていく。

そしてしっとりした仕上がりのスカルプシャンプーを使う。

そうすれば抜け毛は減っていきます。

ヘアクリームやヘアコート剤で

日中の髪を守っておけたらなおいいですよ^^

カテゴリー
女性の薄毛対策

海藻シャンプー

ガンを引き起こしてしまうほどの紫外線。

肌だけではありません。あなたの頭皮も髪もダメージを受け続けていま

す。

特に要注意なのは春から夏にかけての紫外線が強くなる時期。

紫外線の影響で髪の水分が失われ、キューティクルも損傷。

切れ毛・枝毛が増えに増える。

おまけに暑い時期は汗や皮脂が頭皮にたまりやすい。

髪の毛も頭皮も悲鳴をあげているのに、エアコンで更に髪の水分が奪わ

れる。

キューティクルがダメージを受けると

・髪の毛の寿命がかなり短くなる

・抜け毛が増える原因になる

薄毛になってしまう要因は、一年通してそこかしこに落っこちているので

す。

「海藻」が髪の健康を取り戻す

髪の毛にいいとされる栄養素の中に

ヨード(ヨウ素)があります。

◆ヨウ素の働き
・髪の色を良くする
・基礎代謝を上げる(髪の毛をつくる毛母細胞が栄養や酸素を受け取りやすくなる)

・成長作用がある
・髪の毛のツヤを良くする

海藻と言えば日本人に馴染み深いのは

「わかめ」。

わかめにはミネラル・ビタミン・食物繊維がふんだんに含まれています。

ちなみに

カルシウムは牛乳の20倍

鉄分はほうれん草の2倍

髪に良いとされるヨウ素はイワシの1,000倍。

シャンプーは毎日使うもの。

ずっと使っていれば頭皮吸収もあり得ます。

体内に浸透しても安全で、なおかつ髪の毛に良い効果をもたらしてくれる

もの。

であれば、髪に良いとされるわかめ配合のシャンプーが理想的です。

紫外線が強くなる春・夏のケアが髪の寿命を決定します。

髪と頭皮にやさしくそして確実にケアしてくれるシャンプーを

選んでくださいね。

カテゴリー
女性の薄毛対策

石けんシャンプーってどう?

「石けんシャンプーは洗い上がりが好きじゃない。」

髪の毛がゴワゴワ・ギシギシしてしまうからですね。

しかし石けんシャンプーは頭皮トラブルをアッサリと防いでくれる

頼れる存在なんです。

「合成界面活性剤」で髪の毛が溶けている?

市販のほとんどのシャンプーに含まれている「合成界面活性剤」。

泡立ちを良くするなどの働きがあるので、シャンプーや液体石けんなど

欠かせない存在なのです。

しかし合成界面活性剤はトラブルメーカー。

使ってすぐに問題が起こる、という訳ではありません。

でも使い続ければ確実に、あなたの「髪の毛」を溶かしてしまうのです。

いえ、髪の毛というより髪の毛の主成分である「たんぱく質」を溶かすんで

すね。

◆合成界面活性剤入りシャンプーを使い続けるとこんなことが起こります
・使えば使うほど髪の毛が細くなる

・切れ毛や枝毛が増える

・長年使い続ければ頭皮にも浸透、抜け毛の原因に。

でも石けんシャンプーなら、これらの心配がないのです。

石けんシャンプーで頭皮のトラブル知らず

石けんシャンプーは市販のシャンプーのように洗髪直後に

ツヤツヤ・ サラサラ

こんな洗い上がりを感じることはできません。

また合成界面活性剤入りのシャンプーより洗浄力が低いです。

ですから数回洗わなくてはいけない、というデメリットがあります。

しかし頭皮のトラブルを穏やかに解消してくれる。

つまり抜け毛を止めてくれるのです。

石けんシャンプーは慣れるまでが大変です。

ただし、石けんシャンプーをつける前に素洗いをする。

こんな工夫をすれば何回も洗髪をしなくてよくなってきます。

また、酸性のリンスを使うと洗い上がりのゴワゴワ感を防ぐこともできま

す。

好き好きにはなりますが、今、頭皮にトラブルが出ているのであれば

石けんシャンプーを使うことも一つの選択です。

※注意してください
「石けんシャンプー」とパッケージに書いてあるのに

合成界面活性剤が入っている商品があります。

指定成分表示を確認してからの購入をおすすめします。

石鹸シャンプーより優しい洗い上がり
馬油シャンプー ウーマシャンプー

>>>詳細ページはこちら     

カテゴリー
女性の薄毛対策

育毛シャンプーの選び方

「髪がツヤツヤに」
「髪にやさしいシャンプー」

最近、こんなうたい文句のシャンプーばかりが溢れています。

しかし、本来シャンプーの目的は髪ではなく頭皮を洗うこと。

正しいシャンプーのやり方、

そして良質な育毛シャンプーを使えば

あなたの髪の毛は健康でコシのある艶やかな美髪に戻るのです。

発毛を促すおすすめのシャンプー

弱酸性の香料や合成着色剤が使われていないシャンプーが一般的なおすすめ。

今現在、薄毛や抜け毛に悩んでいるのであれば

「カミツレ」

「オウバク」

これらの成分を含んでいるシャンプーが更に理想的です。

この2つの成分には消炎作用があります。

他にも

「ヒノキスチオール(抗菌作用)」

「ニンニクエキス(抗菌、殺菌、解毒作用」

こういった成分が入っているシャンプーを選んでもいいでしょう。

正常な抜け毛は約「70本」

個人差はありますが、正常な一日の抜け毛は約70本です。

もし大幅にこの抜け毛の本数を上回っている場合、

毛乳頭(もうにゅうとう)に炎症が起きている可能性があるのです。

毛乳頭というのはいわば「髪の毛をつくる工場」。

工場に何か問題があれば、「製品」がつくられなくなるのは当たり前です。

つまり炎症が起きていれば髪の毛がつくられなくなる。

抜け毛が増えていく、ということになります。

この炎症を抑えてくれるのが、先にお話した

消炎作用のある成分。

消炎作用があるシャンプーを使えば

炎症の進行が止まるばかりかかゆみも抑えてくれます。

だから爪を立てて頭皮を掻きむしってしまうこともなくなります。

頭皮が傷つけば余計に抜け毛が増えてしまうのは

想像に難くないでしょう。

育毛シャンプーは「選び方」と「使い方」で

抜け毛の増減が決まります。