カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

産後の抜け毛対策

「出産」は女性にとって命がけの大仕事です。
妊娠したその時点から出産、そして産後に至る間、女性の体は刻々と変化を遂げます。

産後の抜け毛もその一つ。

出産を経験した女性は程度に差はあれど、必ず脱毛を経験します。

ある日突然「大量の抜け毛」

産後半年を過ぎたあたりから前頭部の髪の毛が抜け落ち始めます。

驚くほど大量の抜け毛。

洗髪時には風呂場の排水溝が真っ黒になる人もいます。

これは、ホルモンバランスの乱れが毛周期に影響を与えるために起こる脱毛です。

妊娠中はプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位に働いています。
しかし出産を終えるとエストロゲン(卵胞ホルモン)が優位になります。
脱毛が一気に起きるのは、このエストロゲンが急激に増加するためなのです。

エストロゲンには髪の毛を発達させる役割を持っています。
しかし妊娠中はプロゲステロンが優位。
ですから、抜け落ちるはずの髪の毛が抜けないでいる状態が続いています。

出産を終えてエストロゲンが優位に立った瞬間、
一気に抜け落ちるのを「我慢」していた髪が抜けてしまうので
「急に」抜けたと見えるのですね。

髪の毛は「血液の残り」です。

頭部を保護したり保温の為だけにあるのではなく、
体外に老廃物を出す役割も持っています。
あなたの体内をキレイにする為に産後の抜け毛は起こるのです。

誰もがビックリ慌てふためくほど大量に起こる産後の抜け毛。
しかしこの状態は大体一年ほどで落ち着きます。

ただし回復が見られないケースもあります。

『髪の毛が生えてこない』

“もう一年経とうとしているのに髪の毛が生えてこない。”
“このまま生えてこなかったらどうしよう・・・。”

不安に苛まれる毎日。

実は産後の抜け毛が落ち着かない理由がいくつかあるのです。

◆骨盤の歪み
出産によって歪んでしまった骨盤。
骨盤の歪みは子宮を圧迫して血流を悪くさせます。
このため、卵巣に栄養補給が十分にできない。
エストロゲンがスムーズにつくられないため髪の毛が生えてくるのが遅くなるのです。

◆産後のストレス
赤ちゃんの夜泣き、育児への不安など。
ストレスが増大すると、髪の毛を発達させてくれるエストロゲンが減少します。

◆産後の無茶なダイエット
産後に多くの方が行うのがダイエット。
しかし過激なダイエットを行うと、エストロゲンをはじめとする様々なホルモンが減少。当然、髪の毛もスムーズに作られなくなります。

産後の抜け毛がなかなか落ち着かない。
髪の毛も生えてこない。

こういった方は次のような方法をとってみてください。

産後の抜け毛対策

・生活のリズムをたて直す
“22:00~2:00”
いわゆる「ゴールデンタイム」には副交感神経が優位になります。
この時間帯には髪の毛を生み出す毛母細胞が生れ変わる時間です。
なるべくこの時間に睡眠を取るようにしましょう。

・ストレスを溜めない
育児に対する不安などひとりで抱え込んでいないで
ストレスを溜めないようにしましょう。
できれば家族の協力を得るように。

もしそれが難しければ、友人でも市町村の機関でも何でも構いません。
心の内を聞いてくれる「助け」を確保しましょう。

・イソフラボンを摂る
赤ちゃん中心の生活になりがちですが、意識してイソフラボンを摂るようにしましょう。

イソフラボンには髪の毛を生やしてくれるエストロゲンに似た働きをする
性質があります。食品で摂るのが面倒であればサプリメントでも構いません。

産後の抜け毛は100%起こります。

ゆったりとした気分で、そして少しだけ頭皮ケアも忘れない。

妊娠前の「キレイなあなた」は必ず取り戻せますよ。

【関連ページ】
女性専用の育毛剤 産後の抜け毛対策にもおすすめ
@コスメ上位ランクイン
>>>マイナチュレ

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

円形脱毛症

脱毛症の中で最もポピュラーな「円形脱毛症」。

人間関係、仕事、子育て、家庭に関することなど一般的にはストレスが原因で発症すると言われています。

そしてそのストレスには二つのパターンがあるようです。

●自己免疫説
Tリンパ球がなぜか毛母細胞を異物と捉えて攻撃。
この為、毛母細胞がダメージを受けて抜け毛が起きるとされています。

●末梢神経異常説
ストレスを感じると、首の後ろ側にある僧帽筋(そうぼうきん)が緊張状態に陥ります。このため血行不良になってしまって髪の毛の成長が止まって脱毛すると言われています。

では何に対してストレスを感じるかというと

◆生理的ストレス
睡眠不足・ダイエット・病気など

◆物理化学的ストレス
ケガ・化学物質・気温など

◆心理的ストレス
人間関係・不安・怒り・哀しみ・恐怖など

こういった事柄にストレスを感じて円形脱毛症を発症します。

『だけど、円形脱毛症って治るんでしょ?』

いいえ、実は円形脱毛症はあなたが思っているより複雑な脱毛症。

症状によっては取り返しのつかないことになるケースもあります。

円形脱毛症のパターンと症状

・単発型
患部が一ヶ所だけ

・多発型
患部が数ヶ所ある

・蛇行型
後頭部、側頭部、髪の生え際を帯状にまるで蛇行するように患部がある

・全頭型
頭髪すべてが脱毛するパターンと、まばらに脱毛するパターンの2つがあるが
最終的にはすべて脱毛する(円形脱毛症患者さんの10人に1人はこの症状である)

・汎発型
眉毛、まつ毛、陰毛、髭(ひげ)、脛(すね)毛など体毛すべてが抜け落ちる
円形脱毛症の中で最も重症。

円形脱毛症は大きく「良性円形脱毛症」と「悪性円形脱毛症」に分かれる。

治療せず、放置して治るのは良性円形脱毛症のみ。

医学的に分かっていることですが、多発型より重症の場合は
「臓器特異的自己免疫疾患」が原因です。

つまり、放置しても治らない。
病院での治療が必要だということです。

しかし、ほとんどの場合は半年から一年で治る良性円形脱毛症です。

ただし、もともと円形脱毛症になる素因を持っている人であれば
治っても再発します。

命に別状はないが、人生を変えてしまう円形脱毛症。

頭皮状態を定期的にチェックして、シャンプーや生活習慣に気を配りましょう。

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

脂漏(しろう)性脱毛症

毎日欠かさずシャンプーをしているのにフケが出る。

濃い色の服だと目立ってしまって仕事や勉強に集中できない。

それってもしかすると「脂漏性脱毛症」かもしれません。

脂漏性脱毛症って?

肌に天然の潤いを与えてくれる「皮脂」。

・殺菌効果

・刺激の緩和

・保湿効果

これらの重要な役割を持っています。

しかし頭皮の皮脂分泌が活発化すると毛根がアブラ漬けにされてしまいます。

結果、毛穴を皮脂がふさいでしまって雑菌が繁殖。

そして頭皮が炎症を起こしてしまうのです。

もちろん炎症だけでは終わりません。

・毛の成長に必要な栄養をため込む毛乳頭が栄養を受け取れない。

・酸素が毛根に行き渡らない

そして髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

脂漏性脱毛症かどうかチェックする

もしあなたが脂漏性脱毛症にかかっていたとします。

抜け落ちた髪の毛を手に取って毛根を見てください。

脂のカタマリのような白い付着物がついているはずです。

そしてそれがもやしの根っこみたいになっていれば脂漏性脱毛症を発症している

可能性が高いと言えます。

また頭皮の毛穴も赤くなっているのがすぐに分かりますし、

取っても取っても皮脂が大量に分泌されますから頭は常にベタベタしている状態

です。

では原因は何だろう?

脂漏性脱毛症自体、それほど発症率の高い症状ではありません。

脱毛症の患者さん全体の約1%に満たない数字となっています。

脂漏性脱毛症を発症してしまう年代は思春期の男女。

原因として考えられるのはホルモンの作用です。

引き金になるのはストレスや栄養バランスの崩れ。

明確にコレだ、と挙げられる原因はありません。

しかし、原因がハッキリしないからといって放置しておくと

脂漏性皮膚炎に確実に移行します。

※脂漏性皮膚炎の症状
・頭皮だけに収まらず、背中・脇・股・耳・顔に激しい痒みや炎症が起きる
・患部の皮がむける
・大量のフケ・皮脂が分泌される
・毛穴から黄色い脂のカタマリが出るようになる

脂漏性脱毛症の対策と治療

脂漏性脱毛症は頭皮の脂分を取り除くことが

「解決」にはなりません。

皮膚科を受診することはもちろんのこと、

・刺激の少ないシャンプーを使う

・ビタミンB群を多く摂る

・適度な運動

・刺激物を控える
(コーヒー、アルコール、辛いものなど)

これらを意識した生活を送ることが症状の改善に繋がります。

ちなみに脂漏性皮膚炎に移行してしまった場合、

「マラセチア属真菌」というカビが繁殖していることが多いのですが

そうではない方もいます。

皮膚科で改善されないケースもよくあるようですが

とにかく症状が出たら皮膚科を受診すること。

「診断」されてから対策を練るようにしましょう。

いずれにしても使用するシャンプーには最大限の注意を払いましょう。

滅多なものを使うと抜け毛を促進してしまうのですから。

【関連ページ】
皮脂を取り過ぎずに頭皮環境正常化
植物由来の【アミノ酸系洗浄成分】
>>>ウーマシャンプー

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

びまん性脱毛症

知らないうちに徐々に進行する女性の薄毛。
一番多いのが頭頂部から薄くなる「びまん性脱毛症」です。

広範囲に渡って薄くなるびまん性脱毛症は、

・髪の毛そのものが痩せてしまう

・髪の毛の色が薄くなる

・一つの毛穴から生える髪の本数が少なくなる

これらが重なって全体的に薄くなっていき、頭頂部においては

地肌が透けて見えるようになります。

「つむじ」をチェック

びまん性脱毛症を発症した場合、

一番最初に薄くなり始めるのは”つむじ”や”分け目”の部分です。

びまん性脱毛症を早めに対処するには、合わせ鏡を使って頭頂部のチェックを。

気をつけていれば進行する前に治療にとりかかれますし、回復も早くなります。

女性のびまん性脱毛症の原因

本来、びまん性脱毛症は中年以降の女性に起こる「老化現象」の代名詞でした。

しかし最近では10代や20代の女性でも発症する症状に変わってきています。

原因は、

◆ストレス
職場での人間関係、仕事のプレッシャー、離婚、育児など

◆過剰なダイエット
髪の毛はあなたの食べたものや酸素を受け取って発毛しています。
単品ダイエットやカロリーの不足、栄養バランスの崩れは確実に脱毛を促します。

◆極端なヘアケア
・界面活性剤を含んでいるシャンプーを使って、日に2回以上シャンプー。
・ムースやスプレーなどの使いすぎ。
・過度なブラッシング、ドライヤーやアイロンで頭皮を傷める
・シャンプーのすすぎ残し

◆ピル(経口避妊薬)
女性ホルモンと毛髪サイクルは深い関係があります。
ピルの服用を止めた途端、びまん性脱毛症を発症する女性は少なくありません。

◆頭皮の血行不良
運動不足や栄養バランスの崩れが重なって起こる血行不良。
髪を作っている毛母細胞が弱ってしまうので、髪の毛が細くなり
抜け毛が増えるようになります。

◆加齢
閉経前から緩やかに減少していた女性ホルモン。
閉経後は更に減少します。

発毛をコントロールしている女性ホルモンが減少した上に
頭皮も老化で劣化します。

びまん性脱毛症を初めとする脱毛症は

いかに早い段階で治療を始めるかにかかっています。

どんなに高価なかつらでも、自毛と比較するとどうしても「不自然さ」があります。

薄毛は自信を失わせます。

手遅れになる前に薄毛に気がついた時点で治療を始めましょう。

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠(ひこう)性脱毛症の粃糠とはフケのこと。

カサカサしたフケが毛穴をふさいでしまい、雑菌が繁殖。
その結果炎症が起こり頭皮環境が悪化して起こる脱毛です。

正常な毛髪サイクルであれば、新しい細胞が生まれ、徐々に古い細胞が押し上げられて皮膚は垢(あか)やフケとなって剥がれ落ちてくれます。

しかし、以下のような事柄が原因で粃糠(ひこう)性脱毛症を引き起こしてしまいます。

粃糠(ひこう)性脱毛症の原因

・石油合成系シャンプーによる過剰な洗髪(刺激)

・偏食による角化異常あるいは皮脂の分泌過剰

・生理機能異常が原因の乾燥(ホルモンバランスの影響)

・高齢   など

いろいろな原因が重なり合って発症する粃糠性脱毛。

場合によっては脂漏性脱毛症などと合わさって、複合的に発症するケースもあります。

ただ、粃糠性脱毛は比較的珍しいタイプの脱毛症です。

その判断は医師に診断を仰がないことには断定できませんが、

簡単に自分でチェックすることはできます。

あなたは粃糠(ひこう)性脱毛症なのか?

粃糠性脱毛症になると、フケが大量に出るようになります。

しかし、ただこれだけの理由では粃糠性脱毛症とは言い切れません。

抜け落ちた髪の毛の毛根を見てください。

毛根にもやしのような根っこが付いていれば、粃糠性脱毛症の可能性が高いと言えます。

もし、大量のフケが出始めてかなり時間が経っているのであれば、

とにかく皮膚科を受診するようにしてください。

慢性化してしまっては、完治しづらい粃糠性脱毛症が更に治しづらい状況になってしまいます。

絶対にやってはいけないこと

大量のフケをそのままにしておけず、薬用シャンプーで頭皮をゴシゴシ洗う。

しかも、爪を立てて洗う。

男性に結構多いこの洗髪法。

更なる脱毛を促してしまいます。

また、必要以上な洗髪は症状を悪化させます。

そもそも過剰な洗髪が粃糠性脱毛症を誘発しているのですから。

頭皮の状態を良くするコツ

恐らく病院でも同じようなアドバイスがあるかと思います。

自宅では、刺激の少ないシャンプーで指の腹を使ってやさしく

頭皮を洗うようにしてください。

多くの方が「髪の毛」を洗おうとしますが、

あなたが洗うのは「頭皮」でいいのです。

頭皮を丁寧にやさしく洗えば、髪の毛も自然に洗えていますから心配することはありません。

刺激の少ない天然シャンプーを通販でも何でもいいので購入してください。

間違っても、粃糠性脱毛症の治療中に、薬品や化粧品の類を頭皮に塗布しては

いけません。

抜け毛を減らす「必須テク」

一般的によく勘違いされていることがあります。

『育毛シャンプー、養毛剤、発毛剤を使えば、それで抜け毛が止まる。』

こういう認識です。

抜け毛は突然起こるものではありません。

長い長い時間をかけて原因が「育って」いき、

あなたの体内で許容量を超えた結果起こるものです。

「食べ物」も重要。

「睡眠」も重要。

新陳代謝を上げる「運動」も重要。

中でも最も大切なのが「食べ物」。

『あなたは、あなたが食べたものである』

この古いことわざからも分かるように、あなたが摂った栄養で

髪の毛は作られています。

粃糠性脱毛症の場合はビタミンB群、食物繊維を多く摂るようにしてください。

不足しているからこそ、現在脱毛してしまっているのです。

ですから今はサプリメントで補強してあげること。

いろんなことの積み重ねであなたの抜け毛は止まります。

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

頭頂部の薄毛

女性の薄毛で悩む方が、ここ3年程度で約3倍に急増。

そしてその勢いは弱まる気配はないようです。

国民病とまで言われるようになった薄毛。

女性に多く見られるのは頭頂部を中心に薄くなる「びまん性脱毛症」です。

男性のように生え際などが極端に薄くならない女性の薄毛は気付きづらい。

女性の薄毛はじわじわ進行し、ハッキリと自覚した時には手遅れになっていること

も・・・。

「女性の薄毛」も早めに対処する

びまん性脱毛症に限らず、10代や20代の薄毛「若年性脱毛症」さえも珍しくない今。

かつらや植毛を考えなければならないほどの薄毛に進行することもあるのです。

ですから薄毛の予兆(サイン)は早期発見がとても大切です。

先程、女性に多いのは頭頂部から薄くなるタイプの脱毛だとお話しました。

しかし頭頂部はなかなか見る機会がない部位です。

もしあなたがうつむいたり、かがんだ時に周囲にいる人が気付いたとしても

なかなか「髪の毛が薄い」とは言えないもの。

「あなた、ワキガですね。」と面と向かって言えないのと同じレベルのお話です。

ですから、あなたの薄毛はあなた自身で気付くしかない、と言えるでしょう。

1分でも早く薄毛サインを見つけるには?

合わせ鏡を使ってあなたの頭頂部を見てください。

思ったより「薄い」と感じたならば、恐らく脱毛が既に始まっています。

頭頂部のチェックポイント

・つむじが目立っている

・分け目が以前より気になる

女性の薄毛の第一段階が「薄くなる頭頂部」。

そして時間をかけて全体が薄くなっていきます。

人によっては「あっという間」に脱毛することも。

薄毛は「見た目」だけが問題なのではありません。

その陰には、死に至るリスクもある動脈硬化が隠れているケースもあります。

小学生でさえメタボになる現代。

血行不良は、年齢関係なく薄毛・生活習慣病など様々な健康障害をもたらします。

もちろん、ホルモンやストレス・過剰なダイエットなど、他の要因も考えられますが

「薄毛の予兆(サイン)」に気付いたらすぐに行動に移す。

これは薄毛改善の鉄則と言えるでしょう。

カテゴリー
女性の薄毛の基礎知識

女性の薄毛とは

髪の毛が生える仕組みより、更に複雑な抜け毛の仕組み。
ストレス、老化、ホルモン、食事、遺伝、血行不良、シャンプー、カラーリング、パーマ、生活習慣・・・。

いろんな要素が絡み合い、
現在国内には1,260万人の薄毛患者さんがいると言われています。

そして、今。
地肌が見えるほどの脱毛は、男性のものだけではなくなりました。

驚くほど女性の薄毛が増えているのです。

10代でも全頭脱毛になる

健康な方でも毎日抜け毛はあります。
個人差はありますが、大体50~200本。

脱毛の原因は先にお話した通り実に様々で、
一定ではありません。

ただしその原因によって、
脱毛のタイプを分けることができます。

・FAGA(女性男性型脱毛症)

・脂漏性脱毛

・批糠性(ひこうせい)脱毛症

・良性円形脱毛症

・悪性円形脱毛症

・産後脱毛

・トリコチロマニー

・症候性脱毛

・薬物性脱毛

あまり見られないタイプの脱毛もありますし、

比較的多い脱毛症状もあります。

例えば、悪性円形脱毛症。

通常、円形脱毛症は半年から一年で自然に改善すると一般的には言われています。

しかし、ストレスなどが原因で繰り返し毛乳頭が攻撃され、
人によっては髪の毛が生えてこなくなるケースもあります。

髪の毛だけではありません。

最悪の場合、まつ毛・眉毛・陰毛など体毛すべてが
抜け落ちてしまうのが「悪性円形脱毛症」。

これらの症状は年齢関係なく発症し、10代の若い世代の方にも起こります。

「抜け毛」は早めに改善する

ポピュラーな脱毛タイプだけでなく、
あまり見られない脱毛タイプについてもお話してきました。
しかし神経質になる必要はまったくありません。

ただし、あなたに一つだけお伝えしておきたいことがあります。

髪の毛や頭皮に何らかの「違和感」を感じたらすぐに薄毛対策を始めてほしい、
ということです。

「薄毛」は長い時間をかけて起こるもの。

・抜け毛が増えた
・髪にハリ・コシが無くなった
・髪の毛を洗ったら、地肌が透けて見えるようになった
・髪の毛が細くなった
・ボリューム感が無くなった
・髪型がきまらない

これらは、あなたの体内で
「薄毛になる準備が整った」、というサインです。

薄毛が進行してしまってからでは、改善するのに
「費用」も「時間」もかかります。

少しでも不安を抱えているのなら、
今、できることから始めましょう。