カテゴリー
抜け毛

正しいヘアケアって?

抜け毛、フケ、切れ毛、かゆみ、薄毛・・・
これらを改善・予防するために
ノンシリコンシャンプー?
スカルプケア?
ヘッドスパ???
言葉がひとり歩きして
アイテムやケアの方法がごちゃ混ぜになっていませんか?
間違いケアは頭皮や髪の毛をかえって
傷めてしまうことも・・・

「お手入れして抜け毛が増えた!」

雑誌、テレビ、インターネット・・・
何を見ても情報があふれていて
どれも「なるほどー」と思え、
思わず飛びつきたくなるシャンプーやトリートメントに出会うこともしばしば・・・
しかしあなたの目的に合ったアイテムで
それを正しい方法で使わないと
かえって状況が悪化することがあるんですね。
たとえば「トリートメント」。
洗髪した後に、トリートメントを使って
頭皮マッサージ・・・
やってしまっていませんか?
トリートメントは
髪の毛に潤いや栄養分を与えることを目的にしているものです。
モノによっては結構な量の油分が配合されていることもあるんですね。
それをマッサージによって頭皮にすりこんでしまうと
毛の根元にたまったり、毛穴詰まりして
「頭皮のニキビ・吹き出物」・「抜け毛」を引き起こすことがあるんです。
まずは
「あなたがやりたいお手入れ」を明確にしましょう。

髪に潤い・栄養を与えたいなら・・・

シャンプー後、髪の水分をしぼり、軽めでいいのでタオルで水分を拭き取りましょう。
その上でトリートメントをつけると浸透率がよくなります。
このひと手間でトリートメントの効果を最大限に引き出すことができますよ。

頭皮の毛穴の掃除をするなら・・・

頭皮の毛穴を掃除するお手入れを「スカルプケア」と言います。
頭皮をちゃんと濡らしておけばトリートメント剤を使ってマッサージしてもOKですが
できれば、頭皮のクレンジング剤または【スカルプケア用】のシャンプーを使いましょう。
目的に合わないアイテムでかえって頭皮や髪の毛の状態を
悪くしてしまっているケースが後を断たないようです。
混同しやすい表現でいろんなヘアケア製品が売られていることもあるので
面倒でも商品の特徴、説明をよく読んでから購入、お手入れするといいですよ。
カテゴリー
抜け毛

皮脂詰まりで「薄毛にはならない」

シャンプーやトリートメントのCMを見ていると
薄毛の原因の1つに頭皮の毛穴に皮脂が詰まることを挙げている商品があります。
実はこれってウソ。
ニキビができやすい頬や鼻など顔の皮脂腺は
皮脂の通り道になる導管が細いのに、皮脂を分泌する腺が発達しています。
ですから毛穴に皮脂がたまりやすい、炎症を起こしやすい。
しかし頭皮の皮脂腺は
皮脂を排出する導管は太いけれど
皮脂を分泌する皮脂腺が細い。
だから頭皮の毛穴に皮脂が詰まることはまずあり得ない、
このような説があるのです。
薄毛人口が増えた一因は
皮脂詰まりではなく「洗いすぎ」と頭皮にダメージを与える「洗い方」。
爪を立てて洗ったり、洗いすぎで必要な皮脂を取りすぎてしまって頭皮が乾燥。
そのために髪の毛が正常に成長できずに抜け毛、薄毛が増えているのです。
頭皮にやさしい良質なシャンプー・トリートメントの使用は大事なことですが
間違った頭皮知識は抜け毛・薄毛の元。
シャンプーは1日1度でOK。
シャンプー剤などすすぎ残しがないように、でもやさしく洗ってあげましょう。
カテゴリー
抜け毛

女性の薄毛・抜け毛「1日も早いケアがあなたを救う」

「頭頂部が薄くなってきた」
「細くて短い抜け毛が増えた」
「生え際が後退してきたような気がする」
こういった症状を少しでも感じたらそれは『薄毛』のサインです。

女性の脱毛は複雑

女性は男性のように
髪がまったくなくなることはありません。
しかし、生え際から頭頂部にかけて、そして両側が薄くなりやすいんです。
では何が脱毛の原因かというと、
・加齢の影響
・ホルモンバランスの乱れ
脱毛がもっとも増えるのは閉経前後だと言われています。
「ああ、じゃあ20代・30代だとまだまだ大丈夫ね。」
と思ってしまうのは危険なんです。
紫外線対策をとっていなくて頭皮や髪の毛が日焼けしても?
カラーリングやパーマ、ダイエットで栄養のバランスが崩れても?
年齢関係なく脱毛しやすくなります。
また、女性の毛髪システムはとてもデリケート。
ストレスやそのほかの外的環境の変化で薄毛まっしぐら、
といったことも珍しくないんです。
日本の薄毛人口は
十数年前から右肩上がりで年々増え続けていて
現在、1千万人を超えています。
女性も男性も年齢も関係なく、です。
髪の毛の成長サイクルがストップしてしまってから
ケアを開始しても手遅れ。
大げさに言っているように聞こえるかもしれませんが「真実」です。
脱毛の種類にもよりますが、ひどい場合は
髪の毛のみならず、眉・まつげ・アンダーヘアまですべて抜け落ちる
脱毛症も存在します。
顔のお手入れと同じく
頭皮や髪の毛にも丁寧で正しい頭皮ケアを。
1日も早いケアは女性にとっても大切です。
カテゴリー
抜け毛

ストレスで髪が抜けるのはなぜ?

ストレスが原因で抜け毛が増えることがあります。
どうしてストレスから髪が抜けてしまうのでしょうか・
強いストレスがかかると、神経伝達物質であるノルアドレナリンが分泌されます。
ノルアドレナリンは、神経を興奮させて、不安や恐怖を引き起こします。
交感神経を刺激して血圧や心拍数を高めるため、筋肉が硬くなり血管が収縮してしまいます。
血管が収縮すると、血流が悪くなり、体中のすみずみまで栄養や酸素が行き届かなくなります。
すると、頭皮の血流も悪くなり、髪に栄養が行かなくなり、髪が抜け落ちてしまいます。
また、ストレスによってホルモンバランスも乱れてしまいます。
女性ホルモンのエストロゲンは、髪と深い関係があります。
エストロゲンが徐々に減少し始める35歳頃から、髪が薄くなったり白髪やハリの低下が気になるようになってきます。
ストレスで生理周期がずれることもよくありますよね。
ホルモンの乱れは、髪にも影響が大きいのです。
豊かな髪のためには、ストレスはあまりためたくありませんね。